今こそ中国語を勉強しましょう!

2014年11月の日本政府の中国人に対するビザ発給要件緩和が発表されて以来、来日中国人観光客が急増しており、中国人観光客の「爆買い」と呼ばれる購買行為が日本で大きな注目を浴びている。

「爆買い」という言葉は「2015ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれた。日本国内における日本人と中国人のコミュニケーション機会が増加している。

その背景の下で、中国語への関心も高まっている。「伊藤忠商事は2018年3月末までに全社員の4人に1人にあたる1000人で中国語を話せるようにする。年に数億円を投じて研修を義務付けるなどして育てる。」

ネットショッピングをやっている方も、店をやっている方も、もし中国語の簡単な会話ができれば、中国人顧客への対応がうまくいくだろう。

今こそ中国語を勉強しましょう。

リボンでは、もうすぐ70歳を迎える生徒、西澤さんがいます。西澤さんは今、ネットで人気のある赤ちゃんの服の店、モンキーパンツを経営しています。中国人からの注文がよく殺到すると言っています。西澤さんは現在、中国語検定試験の2級を勉強しています。先週の授業で、一緒に2級試験の聴解問題を勉強しました。

西澤さんの流暢な中国語を聞いて、語学は年齢と関係がないと思われます。

あなたも、中国語を勉強しませんか。

中国語講師・リン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です